【クローゼット収納】折戸デッドスペース問題の解決策*行きついた形はコレ!

収納

こんにちは!

ご訪問ありがとうございます(*^-^*)

折戸のついたクローゼットって、開けた時、デッドスペースができますよね。

我が家のクローゼットはほぼ全てが折戸。

奥行きが無いリビングクローゼットのデッドスペースは特に迷走~(^^;)

そして。。。

結局、我が家が行きついた形はコレでした。

ちょっとしたことで使いやすくなった、我が家の「折戸デッドスペース問題」の解決策を場所別にご紹介します!

視点を変えた事で、新たな使い方も発見!

それでは、お付き合いよろしくお願いします(*^-^*)

 

スポンサーリンク

クローゼットの折戸問題

折戸のクローゼットって、狭いスペースでも扉を開け閉めできるメリットがあるけど、その代わり、扉がたまる部分にデッドスペースができてしまうのが難点

この、扉の裏側をどう使うかで、収納量がかなりアップします。

そして、いかにして、デッドスペースから取り出しやすくするか、も、クローゼットの有効活用には欠かせない部分。

我が家は、「物の居場所を決める整理収納」を始める前は、もったいない使い方をしていました(^^;)

収納方法を見直したことで、今現在、かなり使いやすくなってきたので、今回はデッドスペースに焦点を絞って、解決策をご紹介したいと思います!

 

解決策① 棚板の間隔を広めにする

デッドスペースになる、扉がたまる裏側には、基本的に、使用頻度が低い物を置いています。

それでも、使う時はなるべくサッと取り出したいですよね。

取り出しやすくするには、上下の棚板の間隔を広くとって、上から手を入れるスペースを作ると、比較的楽に取り出せます。

棚の高さいっぱいに収納してしまうと、奥の物をとる時、邪魔になって取れなくなるので、高さに余裕を持たせると、楽に取ることが出来るようになります。

 

解決策② ボックス収納する

書類や、我が家の場合はCDなどは、ボックス収納にして、箱ごと取り出す形にしました。

デッドスペースの奥の物をとる時は、手前のボックスを抜き出すアクションが増えますが、細々した物もバラバラにならずに、収納出来ます。

箱に入れたことで収納量もアップしました。

 

解決策③ オープンタイプの棚を使う

造り付けの可動棚は、入れるものに合わせて調節しています。

我が家は、リビングクローゼットの一番下に掃除機が入るよう、棚板の高さを調節していますが、そうすると、ぽっかりと無駄な空間ができてしまったので、オープンタイプのシェルフを入れて、棚板を増やしました。

オープンタイプだと、デッドスペースも使える様になります。

それで、同じように、ボックス収納。

 

私はニトリで購入しましたが、同じものはもう取り扱いがないようでした。

こちらと同様のタイプで、高さ90㎝の3段タイプを使っています。

 

もしくは、自分で可動棚を付けてもいいですよね。

 

解決策④ 突っ張り棒で引っかけ収納

デッドスペースに突っ張り棒を取り付けると、引っかけて収納できるので、便利です!

我が家では、掃除用具をひっかっけ収納しています。

目立たないし、省スペースに収納出来て、なかなか満足な収納方法(*^^*)

ネットを取り付けたら、もっと細かいものも収納出来そうですね。

 

スポンサーリンク

 

解決策⑤ ファイルボックスの置き方の工夫

デッドスペースのファイルボックスは、ボックスの形と置き方に工夫をしています。

まず、ファイルボックスは、手前に仕切りが無い物を使っています。

 

そして、こんな感じに取り出し面を手前に向けました。

我が家では、大きいサイズの封筒や、クリアファイルを収納しています。

 

この形のファイルボックスだと、奥にあっても取り出しやすいです。

 

使っているファイルボックスと同じタイプはこちらの商品です。

A4よりはみ出してしまう物も入れられるので、箱型のファイルボックスに入らない物も収納できて便利!

 

解決法⑥ 何も入れない!

今まで、無印の引き出しを入れたクローゼットのデッドスペースには、めったに使わない、鉛筆削りやセロテープカッターなどを置いていて、使う時に、引き出しを左にずらして取り出していました。

ちょっと前のリビングクローゼットです。

右端にちょこっと映っているのがセロテープカッターと鉛筆削りw。

引き出しは、結構重いので、取り出す際にずらすのも面倒。

それで、もう、このスペースには物を入れないことにしました!

ちょうど、娘の進学関係の書類が不要になり、ファイルボックスが空いたので。。。

 

ファイルボックスの中に入れて。。。

 

他の書類と一緒に並べてしまいました。

他にもデッドスペースに置いてあったものを撤去し、別な場所に移して、もう何も置かないことにしました。

もっと早くこうすればよかった(^^;)

我が家の場合、ここのデッドスペースは見づらく、埃もかぶるし、何を置いていたか忘れそうにもなるので、ちゃんと視覚化できるようなって良かったです。

気分的にもスッキリ♪

 

*おわりに*

クローゼットの折戸のデッドスペースは、使いにくい場所ですが、工夫次第で、取り出しやすくなったり、収納量を増やすことができます。

また、何か置こうとするのではなく「置かないで使う」ていう考え方もアリ。

収納場所があると、何か入れたくなるけど、持っているものの数を厳選すれば、使いにくい場所に入れなくても、整理収納できるんですよね(^^;)

当たり前だけど、私にとっては、新しい発見でした♪

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

instagramやってます♪

ポチっと応援いただけると、嬉しいです!

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

収納
makimakiをフォローする
憧れのフレンチシックインテリアへ

コメント